朝鮮人虐殺:親の目の前に子供たちを並べて首を切った「本庄事件」 - 読む・考える・書く

3928P
- 2018/10/04
朝鮮人虐殺:親の目の前に子供たちを並べて首を切った「本庄事件」 - 読む・考える・書く

先日、本ブログで、虐殺被害者の遺族が95年目にして初めて慰霊祭に参加した「藤岡事件」を取り上げた。 今の群馬県藤岡市で起きたこの事件は、現地に居住していた朝鮮人17名が、警察署内に保護されていたにもかかわらず、暴徒と化した周辺住民に引きずり出されて殺されたという悲惨な事件だ。 しかし、隣の埼玉県では、もっと凄惨な事件がいくつも起こっている。その一つが「本庄事件」である。 本庄事件は、藤岡事件の前日4日に、隣接する今の本庄市で起きた別の事件です。事件の内容は、藤岡事件よりもっと恐ろしいものでした。 — バージル (@vergil2010) 2018年9月17日 ■ 「町送り」が引き起こした埼玉県…

記事を読む
コメントを投稿( 1人につき1件まで )
この記事へのコメント( 記事に関するツイートを自動収集しています )
Ajax loader
関東大震災直後という不安定な情勢での集団心理の怖さでもあるよな。手を下した人のほとんどが執行猶予になっており、惨殺された人たちが一層哀れになる。
5:35 PM - Oct 04, 2018
記事を読む