なんで日本企業がダメになったのか、プレジデントで三菱自動車CEOのインタビューを読んで明確になった | More Access! More Fun!

865P
- 2018/08/10
なんで日本企業がダメになったのか、プレジデントで三菱自動車CEOのインタビューを読んで明確になった | More Access! More Fun!

プレジデントといえば喫煙賛歌の頭がおかしい飯島 勲というお爺さんの連載を続け、ほかにも喫煙飲食店万歳の記事などどうにも昭和の経済誌なわけですが、ここにきて凄いのをぶっ込んで来ました。 三菱自動車CEO「若い社員への"違和感"」中間管理職の役割が極めて重要 インタビューに答えた益子氏は、1949年、東京都生まれだから69歳。早稲田大学政治経済学部卒。72年三菱商事入社。主に自動車部門に携わり、執行役員・自動車事業本部長を経て、2004年6月三菱自動車に移り、常務。05年に取締役社長。17年から現職とあります。 このインタビューを読んでSNS界隈か激震!! 代表的な感想が 今どき、この人なにいってんの!!!! で、ございました。 三菱自動車といえばかつて この小説のモデルとなった、車両欠陥から死亡事故を隠蔽して倒産寸前になり、昨今でも2016年に軽自動車の型式認証を取得時に国土交通省へ提出した燃費試験使用データについて、実際より5~10%良く見せるため虚偽のデータを提出していたと発表して激震。この方はそのあとで社長に就任された方ですね。 今年の決算では向上していますが・・・ このときにがっつりと落ちているのでそんな風に見えるのかなと。 わたくしずっと昔、リクルートのカーセンサーというところで編集をしていた時代があり、ほぼ全ての自動車メーカーの広報には行ったことがあるのですが、当時でも三菱の広報や宣伝担当が昔の事務員のような腕に黒い腕抜きをしていて便所サンダルみたいなのはお履きになっていてぶっ飛んだことがある。 ↑腕抜き ホンダはインカムつけた受付の女の子が小洒落た会議室に次々誘導するのに、三菱は書類が積み上がった汚いビルの中でそのギャップに驚いた記憶があります。まさかいまはそんなではないと思うが、当時はそんな感じで突出していました。 それではこのインタビュー。ぶっ飛んだ点についてよくよく見ていきましょう 顔を見ないとコミュニケーションが取れない

記事を読む
コメントを投稿( 1人につき1件まで )
この記事へのコメント( 記事に関するツイートを自動収集しています )
Ajax loader
記事を読む