植物由来の繊維を車部品に トヨタ系、名古屋大学と研究: 日本経済新聞

267P
- 2021/12/01
植物由来の繊維を車部品に トヨタ系、名古屋大学と研究: 日本経済新聞

トヨタ自動車系の部品メーカーの豊田鉄工(愛知県豊田市)は名古屋大学と植物由来の繊維を開発する共同研究を始めた。サトウキビの仲間にあたる近縁種の茎から、車の樹脂製品に混ぜるガラス繊維に代わる「セルロースナノファイバー(CNF)」を取り出す。2024年までに製品化のメドを立て、温暖化ガスの排出削減に貢献する。CNFの抽出元として、高さ4~5メートルのイネ科の植物「ソルガム」を使う。ソルガム由来の繊

記事を読む
コメントを投稿( 1人につき1件まで )
この記事へのコメント( 記事に関するツイートを自動収集しています )
Ajax loader
記事を読む