実は新型コロナウイルスは2019年にアメリカに存在していた可能性 - GIGAZINE

1826P
- 2021/06/16
実は新型コロナウイルスは2019年にアメリカに存在していた可能性 - GIGAZINE

アメリカ国立衛生研究所(NIH)が2021年6月15日に、「2019年12月の時点で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)がアメリカの国内に存在していた」とする研究結果を発表しました。研究者は、公衆衛生当局が初期の感染を見抜けなかったことから、「複数の血液検査方法を使用することの重要性が示された」としています。

記事を読む
コメントを投稿( 1人につき1件まで )
この記事へのコメント( 記事に関するツイートを自動収集しています )
Ajax loader
記事を読む