官僚たちに春は来るのか 競争力と独立性取り戻せ: 日本経済新聞

1130P
- 2021/05/09
官僚たちに春は来るのか 競争力と独立性取り戻せ: 日本経済新聞

筆者が中央省庁の記者クラブに所属して霞が関を根城にしていた1990年代は、どの役所にも国士然とした官僚がまだかなりいた。城山三郎が「官僚たちの夏」に描いた通産省の風越信吾タイプだ。「おれたちは、国家に雇われている。大臣に雇われているわけじゃないんだ」を信条とする風越が本領を発揮した高度成長期が幕を閉じて半世紀。霞が関から国士がめっきり減った印象がある。この春、国家公務員採用試験の総合職(キャ

記事を読む
コメントを投稿( 1人につき1件まで )
この記事へのコメント( 記事に関するツイートを自動収集しています )
Ajax loader
官僚は民間に比べ待遇が恵まれているとの記載だが、官僚を輩出する学力の高い大学の学生の就職先と比較したら、決してそんなことはない。むしろ、大手民間の方が良い。
10:01 AM - May 10, 2021
記事を読む