先週のおさらい!ニュースランキング

週間ニュートピ!
かたいニュースTOP25

2018年12月30日 〜 2019年1月5日

同性愛者を含む性的少数者いわゆるLGBTについて、自民党の平沢勝栄衆議院議員が「LGBTばかりになったら国はつぶれる」と発言し、今後、波紋を広げることになりそうだ。

記事を見る

【ソウル=名村隆寛】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省は2日、海自機が駆逐艦に「威嚇的な低空飛行」をしたとして謝罪…

記事を見る

メディアアーティスト・落合陽一氏と、小説「平成くん、さようなら」を発表した、社会学者・古市憲寿氏。「平成育ち」のトップランナー2人の対談2回目!(#1より続く)(『文學界』2019年1月号より転載)◆…

記事を見る

1日午前0時すぎ、東京 原宿の竹下通りで軽自動車が暴走して歩行者をはね、男性8人がけがをして病院に搬送されました。車に乗…

記事を見る

「農家の長男との婚約は、地獄でした。今思うと、本当にあれは悪夢です。今でも、あの村での日々を思い出すとゾッとしますね」そう語るのは、都内の教育関係の会社のOLとして働く須藤百合子さん(44)だ。百合子さ…

記事を見る

 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、韓国国防省報道官は3日の記者会見で、日本の主張の問題点や韓国の要求を盛り込んだ映像を近く公開する考えを明らかに…

記事を見る

自民党本部の食堂に19日、鯨肉料理がお目見えし、捕鯨が盛んな和歌山県が地元の二階俊博総務会長らが鯨肉を使ったカレーと竜田揚げに舌鼓を打った。 国際社会から捕鯨…

記事を見る

 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、韓国の与野党は29日、日本政府の対応の背景には、安倍政権が問題を政治利用する意図があるとする論評を相次いで発表…

記事を見る

教師になることを夢見てきた学生たちが、その夢に終止符を打とうとしている。学校の過酷な労働状況が見えてきたからだ。私は昨年末、教員養成系の現役学生と座談会をおこなった。ここに、その率直な声を紹介したい。

記事を見る

公開された防衛省の映像で、国内外で「言葉の使い分け」をしている現実を我々は改めて目の当たりにすることになった。平成の終わりに、憲法9条と自衛隊の矛盾問題について改めて考えてみた。

記事を見る

【ソウル時事】海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省報道官室は2日、声明を出し、哨戒機が「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求、実務協議の開催を呼び掛けた。

記事を見る

3日朝早く、“光の玉のようなもの”が上空を流れ落ちる様子がNHKの各地のカメラに映っていました。ネット上では、この様子を…

記事を見る

海上自衛隊の哨戒機が韓国軍から射撃管制用レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省はコメントを発表し、哨戒機が駆逐艦に対し…

記事を見る

安倍総理大臣は年頭の所感で「少子高齢化の壁に本腰を入れて立ち向かう」として、幼児教育の無償化などを実現させるとともに、北…

記事を見る

 安倍晋三首相は30日に放送されたラジオ日本の番組で、北方領土をめぐる日ロ交渉について「今、残念ながら4島には日本の島民が住んでいない。ロシア人しか住んでいない中で、その帰属を日本に変えることの困難さ…

記事を見る

協栄ジム会長、故金平正紀に「200年に一人の天才」と呼ばれた元WBAジュニアウエルター級1位の亀田昭雄に、メイウェザーvs.那須川を振り返ってもらった。

記事を見る

地殻変動の前兆か――。約7000のブランドが出店する、国内最大のファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」。そのゾゾタウンで、「23区」や「自由区」などを展開する老舗アパレルのオンワードホールディン…

記事を見る

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

記事を見る

視聴者のTVニュース離れが進んでいる。2018年は大雨・台風・地震など重大ニュースが多かった。ところがニュース番組はあまり見られなかった。その現状と、背景で何が起こっているのかを考える。

記事を見る

 安倍晋三首相は1日に放送されたテレビ朝日のインタビューで、ロシアとの平和条約締結交渉を巡り、プーチン大統領に在日米軍について「ロシアに敵対的なものではない」と説明したと明らかにした。プーチン氏は昨年末の記者会見で、北方領土の一部を日本に引...

記事を見る

西武・そごうの「女の時代、なんていらない?」「わたしは、私。」と題した広告が物議をかもしています。賛成意見の背景を考察した上で、これが大企業の発信として不適切である理由を考えました。

記事を見る

井上章一(以下、井上):京都の近所付き合いは、なかなか大変です。例えば、近所の人から「お子さんのピアノ、お上手やわあ」とか「お子さんお元気で、いつもうらやましい思てます」と言われたりしますよね。そん…

記事を見る

東京 豊洲市場は去年10月の開場後初めての年明けを迎え、築地市場から続く年始恒例の「初競り」が行われました。最高値は青森…

記事を見る

皇位継承に伴う新たな元号について、安倍総理大臣はことし4月1日に閣議決定し直ちに公表する方針を固めました。

記事を見る

スポーツ推薦ゼロ、平日練習50分で県8強躍進、151キロ右腕も誕生した武田高校(広島)。異色のチーム作りを進めるその理由や狙いとは。

記事を見る